出張での撮影

子供全員平等に撮影していないのです。
アナログカメラからデジタルカメラにハードの変遷もあったのです。
子供のものは、アナログカメラで撮ったものが多いです。
アナログカメラで撮影しフィルムを現像し写真にするルーチンを繰り返してたくさんコレクターしたのです。
しかしながらこのルーチンがデシカメに代わってきてから写真を集めなくなってきます。
それは、写真にする方法が多岐に亘ってきたからです。
インクジェットプリンターでも作ることができます。
最初は、インクジェットプリンターを使っていましたが、インク代の高いこと、印刷品質の問題等写真にすることにあえてしなくなってきます。
わざわざ費用のかかる行為をしなくともすむようになってきたのです。

ビデオも同じように8ミリビデオ、VHS方式がデジタルビデオに様変わりしてきます。
8ミリビデオ、VHS-Cとかの方式のビデオカメラで撮影したときは、私の場合たくさん収録済みテープは、持っています。
しかしながらデジタルビデオに切り替わったとたんそのハードについての記録をあまり持っていないのです。
このようにハードがころころ変わっていくとそのときそのときのハードで映像を記録していくようになっていくと考えられます。
古いハードはカッコ悪くて使えないのです。
その時その時のハードを人類は買い続けると思われます。
記録方式も変わっていくでしょう、DVDからBLUELAYと次から次と発明開発されていきます。